HOME>イチオシ情報>様々な状況に対応するためにオフィスも変化が必要
パソコン

社会の変化に対応するために

現在、これまでの社会の状況と大きく異なる場面に変わってきています。人との距離の取り方もこれまでとは違い、安全性を考えたうえでの工夫が必要になってきます。生活も大きく変化していくことになりますし、ビジネスの形も変化していくことになるのです。そのような変化に対応するには、仕事の場であるオフィスも変化していかなければなりません。これまでのように人と人とが密接にかかわるだけではなく、テレワークなどを取り入れたり、パーテーションなどを取り入れて飛沫が飛ばない工夫をしていくということも求められます。こうしたことを含めて、これからの仕事の形を考えていくにはオフィス改装が欠かせません。社会状況の変化に合わせて、これまでとはちょっと違う視点から、オフィスをどう改装していけばよいのか、どのように手を入れていけばよいのかということを考えておくようにしたいものです。

配置や工夫で働きやすく

オフィス改装をするにあたって、現在どのような点で不満があるのかなど、問題点を洗い出しておきましょう。それに合わせて工夫を凝らして改装していくことになります。まずは問題となっている点を改善することで効率アップにつながります。人の動きがうまくいかなくて、いちいちほかの人に迷惑をかけながら歩くような状況では仕事もうまく進みません。そのうえで最近求められる人との距離についても検討していきましょう。スペースを広くとるために収納などを工夫したり、テレワークで人が減った分の配置換えなども有効です。間仕切りなども上手に利用してみましょう。こうしたちょっとした工夫からでもオフィス改装の働きやすさへの効果が期待できます。

広告募集中